イカ・タコ

Maritime Kopffüßler

イカ・タコ

タコやイカを軟らかく仕上げるには調理に十分な注意が必要です。

タコ
タコ(あごと皮をのぞく)は、煮ても、揚げても、煮込んでも、焼いても美味です。 調理には時間がかかります。 大きいものは、肉をたたいて軟らかくしてから調理する必要があります。

コウイカ
10本足のこの魚類は最大65 cmにもなりますが、小さいものほど肉は軟らかいです。 イカの甲(中の石灰質の殻)、あご、腸、墨袋を取ってから調理する必要があります。 コウイカはこのように処理してから焼くか揚げるか――あるいは詰め物をするか――します。

スルメイカ
調理する前に、皮、あご、目、腸、そして透明な骨を取り除きます。 スルメイカは寿司や刺身として生で食べたり、調理して食べたりします。 煮たり揚げたりする場合は手短に、具体的には2分以内にとどめます。シチューにする場合は30~45分かけます。 そうしないと、身がやや固くゴムのようになります。 大きめのものは、たたいてほぐしてから調理してください。