EDI

情報

EDI

電子データ交換(EDI)に関する情報です。

EDI (Electronic Data Interchange)は、構造化されたメッセージを取引先どうしで電子的にやり取りする仕組みです。 メッセージがコンピューター間で直接伝送されるので、文書を受信者のERPシステムに手作業で入力する必要がありません。

従来のデータ伝送手段(ファックス、電話など)に代わるものとして、取引先との間で日常的に発生する同様の連絡(提案書、発注、請求書など)には主にEDIが使用されます。

EDI統合の主な利点:

  • コスト効率が良く時間的にも最適化されたデータ伝送
  • 電話やファックスによるメッセージ数の削減
  • 受信データが自動処理されるため(手作業による介入なし)、データ入力が不要、ひいては入力ミスなし
  • 取引先とのクロスプラットフォーム伝送

このように、EDIはコミュニケーションの重要な一部としてすべての関連企業の業務プロセスを向上させており、そのためミーレにおける重要性がいっそう増しています。

発注量の多い企業にとって、EDI接続はとりわけ便利です。 貴社がそのような種類の企業であり、EDI接続の確立に興味がおありでしたら、詳細情報と貴社データの送付に使用できる登録フォームが以下のページに用意されています。

EDIの関連情報はこちら:

EDI Encyclopedia

www.cybiz.de

標準化組織:

www.akhandel.de
www.gs1-germany.de

 

メッセージの種類

EDI

メッセージの種類

EDI (Electronic Data Interchange)は、構造化されたメッセージを取引先どうしで電子的にやり取りする仕組みです。 メッセージがコンピューター間で直接伝送されるので、文書を受信者のERPシステムに手作業で入力する必要がありません。

EDI

説明 書式 ダウンロード