理念

Philosophie

ミーレは、1899年創業の独立系ファミリーカンパニーで、オーナー、従業員、お客様、サプライヤー、環境、社会のすべてに対等に関わっています。

重点的に取り組んでいるのは、キッチン、ランドリー、床掃除用の家電と業務用および医療用の機器(「ミーレプロフェッショナル」)の製造です。 戦略的ビジョンは、すべての関連市場でその業界において最も好まれるブランドになることです。

ミーレはお客様に、耐久性、性能、使いやすさ、エネルギー効率、デザイン、サービスの基準となるような製品を提供します。 このことに対応しているのが「常により良いものを(Immer besser)」という指針で、創業者であるカール・ミーレ(左)とラインハルト・ツィンカンは初期の製品に刻印していました――そして今日までミーレを特徴付けています。

弊社は、ミーレというブランドと、そのプレミアムセグメントにおける堅実な位置付けだけに目を向けています。 ミーレは長期的な思考と計画を、価値と目標の継続性を、お客様やサプライヤーとの良好な関係を、さらには従業員指向の社風やリーダーシップの文化を体現しています。