湿度を下げて使用者と住宅を守る

大半は、凝縮されて凝縮水ドロワーに安全に集められます。これが、ミーレの乾燥機が最高の凝縮効率クラスAを達成し、規制に必要な値より約50 %高い効率で湿分を凝縮できる理由です。乾燥機の凝縮効率クラスが高くなれば、外に放出される湿分は少なくなります。この分類は、ミーレの機器に貼付されるEUエネルギーレベルの左下のよくご存じのエネルギー効率クラスの隣に記載されています。
優れた環境を生み出す特に高い気密性
乾燥プロセスの間、ミーレの乾燥機は、大気に放出される湿気がごく少量になるような高い効率で衣服から湿分を凝縮します。リビングや洗濯室の湿度レベルが低くなれば、アレルギーに苦しむ方の健康への不安や天井や壁にかびが繁殖するリスクも低くなります。さらに、湿度が低くなれば、家具や設備の価値も損なわれにくくなります。
ミーレは凝集効率クラスAを
上回ります
ミーレの乾燥機は、凝縮効率クラスAの要件に必要な値より約50 %*高い効率で、生地から湿分を凝縮します。これは、乾燥プロセス前の生地の湿分レベルを、後で凝縮ドロワーに集められる水分と比較して計算されています。
次のリストでは、8 kgの洗濯物の乾燥サイクルにおける主な違いが説明されています:
高品質のドア密閉システムによって湿気が喪失するのを防ぎます
ミーレの乾燥機の非常に優れたドア密閉システムは、高い品質をよく表しており、高いレベルの耐久効率を実現できる理由でもあります。Kevlar ®繊維採用の特殊なドアシールが、最適な非浸透性を保証します。湿分はドアを通じて外に解放されることはありません。代わりに、凝縮水として内部の経路を通じて排出されます。
できる限り短い時間で最適な効率性
ミーレの乾燥技術は使いやすさを最優先にしています。ミーレの乾燥機は、最も短い時間で最高の仕上がりを実現します。しかし、湿分は、凝縮効率クラスAに必要な値より50 %*少ない量しか室内の空気中に解放されません。
※画像は一部日本仕様と異なる場合があります。