乾燥機の製品寿命をより長く

エコドライ技術
エコドライ技術は、機器と完全に調和したフィルターシステムと、メンテナンス不要の熱交換器によって実現されています。エコドライ搭載システムでは、熱交換器の中に糸くずが入り込むことはありません。一方、エコドライが搭載されていないシステムの場合、長く使っていると、熱交換器の動きが悪くなり、消費エネルギー量が徐々に増え、乾燥時間が徐々に長くなります。エコドライ - 洗濯物に優しく、また、電気料金を節約できます。
実行時間が短く、消費エネルギー量が少ない
ミーレのエコドライ技術により、機器の使用期間全体を通じて、乾燥時間が短くなります。エコドライ非搭載システムの場合、長く使っていると、熱交換器の中に糸くずが入り込んで動きが悪くなります。すると、ドラム内部の温風量が少なくなり、洗濯物の中の水分が吸収されにくくなります。この結果、望ましい仕上がりになるまでの実行時間が長くなります。実行時間が長くなるということは、ヒートポンプをより長い時間作動させる必要がある、ということを意味します。消費エネルギー量が増え、電気料金が高くなります。つまり、長く使っていると、乾燥機のラベルに記載されているエネルギー効率クラスの基準を満たせなくなります。
※画像は一部日本仕様と異なる場合があります。