長期使用製品安全点検法に基づく所有者様のご登録

長期使用製品安全点検制度

長期使用製品安全点検制度について

長期使用製品安全点検制度

 平成21年4月1日から、長期間の使用に伴い生じる劣化(経年劣化)により安全上支障が生じ、特に重大な危害を及ぼす恐れが多い9品目(特定保守製品)について「長期使用製品安全点検制度」が設けられました。

 この制度の施行にあたり、ミーレ・ジャパン株式会社では、特定保守製品に該当する全自動食器洗い機をご使用のお客様に対して保守情報のご提供、有償での点検および整備の実施を確実に行うため、お客様にご登録いただいた所有者情報を管理・運営させていただきます。ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。
 

【 長期使用製品安全点検制度とは 】

「消費生活製品のうち、長期間の使用に伴い生ずる劣化(経年劣化)により安全上支障が生じ、一般消費者の生命または身体に対して特に重大な危害を及ぼす恐れが多いと認められる製品(※特定保守製品)の経年劣化による重大製品事故を未然に防止するため、消費者の申し出による有償での点検その他の保守を適切に支援する制度」です。
 

【 該当製品 (特定保守製品) とは 】

「消費生活製品のうち、長期間の使用に伴い生ずる劣化(経年劣化)により安全上支障が生じ、一般消費者の生命または身体に対して特に重大な危害を及ぼす恐れが多いと認められる製品であって、使用状況等からみてその適切な保守を促進することが適当なもの(消安法第2条第4項)」として指定された製品です。

この制度で定められている特定保守製品は、 

  1. 屋内式ガス瞬間湯沸器(都市ガス用/LPガス用) 
  2. 屋内式ガスふろがま(都市ガス用/LPガス用) 
  3. 石油給湯機 
  4. 石油ふろがま 
  5. 密閉燃焼式石油温風暖房機 
  6. ビルトイン電気食器洗機 
  7. 浴室用電気乾燥機

※ミーレ取扱製品の中で該当する製品は、全自動食器洗い機 です。
 

【 長期使用製品安全点検制度における対象者とその義務及び責務 】

「消費生活製品のうち、長期間の使用に伴い生ずる劣化(経年劣化)により安全上支障が生じ、一般消費者の生命または身体に対して特に重大な危害を及ぼす恐れが多いと認められる製品(※特定保守製品)の経年劣化による重大製品事故を未然に防止するため、消費者の申し出による有償での点検その他の保守を適切に支援する制度」です。

 メーカー

■  特定保守製品の製造事業者および輸入業者

義務

  • 経済産業局長への事業届出
  • 設計標準使用期間および点検期間の設定
  • 製品への表示
  • 製品への書面および所有者票の送付
  • 製品の所有者情報の管理
  • 点検等の保守サポート体制の整備

  所有者

■  特定保守製品を所有する消費者
■  特定保守製品の賃貸業者

責務

  • 特定保守製品事業者などへの所有者情報の登録
  • 特定保守製品を点検期間内に点検するなどの保守
  • 所有者登録の内容変更の届出

  販売事業者(特定保守製品取引事業者)

■  特定保守製品の販売事業者
■  不動産販売事業者
■  見物建築請負事業者

責務

  • 所有者への引渡時の説明義務
  • 所有者情報を特定製造事業者等へ提供する協力責務

  関連事業者

■  特定保守製品の設置事業者・修理事業者
■  不動産取引仲介事業者
■  電気の供給事業者

責務

  • 所有者情報の提供

※義務・・行政処分を伴うもの
※責務・・行政処分を伴わないもの
 

特定保守製品の点検

特定保守製品の点検について

 特定保守製品は、経年劣化による重大事故を防止するため、製品ごとに設定された点検期間中に法定の点検を受けることが、製品所有者に求められております(消安法第32条の14)。製品本体に表示してある点検期間になりましたら、忘れずに点検をお受けください。 


■ 法定点検対象製品 

平成21年4月1日以降に輸入された全自動食器洗い機
※カタログ、取扱説明書、製品同梱の所有者票に「特定保守製品」と記載されています。
※平成21年4月1日より前に輸入された全自動食器洗い機の点検(有償)をご希望される場合は、お電話で受け付けております。

 
■ 法定点検期間 

製品の製造年月より以下の年数を経過した期間内での点検に限定されます。

設計標準使用期間を挟んで1年

※例) 2009年4月製造の場合:
  2019年4月が設計標準使用年月となるので
  -> 点検期間 =  2018 年 10 月 (点検開始) ~ 2019 年 9 月 (点検終了)

法定点検の時期



■ 法定点検の点検項目 

法律で定められた点検基準に沿った点検項目

 
■ 法定点検の点検料金 

点検料金は弊社が定めた点検技術料と出張料が含まれます。

◆ 点検技術料: 20,000円

◆ 出張料: 県庁所在地を基準に

  • 30km以内 4,000円
  • 50km以内 7,000円
  • 100km以内 9,000円
  • 100kmを超えた場合1kmあたり70円(最大10,000円)

(点検料金の設定基準:2009年3月現在)

※点検費用はお客様にご負担いただくことになります。点検の結果、修理・部品交換等をご依頼いただいく場合は別途費用が必要となりますので、ご了承ください。
※点検料金は、点検技術料+出張料+その他諸経費 の合計に、消費税を加算した金額となります。


■ 法定点検の通知 

点検通知は点検期間を開始する6ヶ月前から点検期間開始日までの間に下記項目を通知します。

  1. 特定保守製品につき点検を行うことが必要であること
  2. 当該通知が消費生活用製品安全法に基づく通知であること
  3. 所有者は点検期間に点検を行うことが同法上も求められていること
  4. 点検を求める場合の連絡先
  5. 点検料金の内訳および金額の目安

 
■ 設計標準使用期間 

10年
※食器洗い機の適切な点検を行わず、この期間を超えてご使用された場合、経年劣化による発火・けが等の事故に至る恐れがあります。
※弊社の食器洗い機は家庭用です。業務用として、多頻度・長時間のご使用は、設計標準使用期間より早く経年劣化を起こし、重大な事故となる恐れがありますので、お止めください。

 
■ 設計標準使用期間の算定の根拠 

環境条件
  • 電源電圧: 単相200V
  • 周波数: 50/60Hz
  • 温 度: 20℃
  • 湿 度: 相対湿度 65%
  • 設置条件: 製品の設置マニュアルに準拠
負荷条件
  • お皿: 60cmタイプ:12人分/45cmタイプ: 9人分
  • コース: 標準コース
  • 給水圧力: 0.10~1.0MPa
  • 湿 度: 相対湿度 65%
  • 給 水: 20℃
想定時間
  • 1日使用回数: 2.0回
  • 1年間の使用日数: 365日


■ 部品の保有期間

点検に要する部品は、製造打ち切り後15年間保有します。

 ■ 点検に関するお問い合わせ先 

<お電話でのお問い合わせ> フリーダイヤル:0120-310-647
ミーレ・ケア・センター(お客様サポートセンター)

■ 受付時間:月~金(9:30~17:30)土日祝日休み
※携帯電話・PHSからは、ナビダイヤル 0570-096-300 よりおかけください。
※ナビダイヤルは3/2(月)~ご利用頂けます。

<メールでのお問い合わせ> info@miele.co.jp 

所有者登録

所有者登録について

法律の施行(2009年4月1日)以降、製造・輸入されたミーレ食器洗い機の所有者様(賃貸を含む)は、ミーレ・ジャパンへ所有者情報をご提供いただく必要があります。
以下3つのいずれかの方法にて、所有者情報を登録していただきますよう、お願いいたします。 また、ご登録いただいた所有者情報に変更があった場合は、すみやかに登録内容の変更をご連絡ねがいます。


■ 登録方法 

個人情報の取り扱いについて 
※ご登録いただいた個人情報については、消安法、個人情報保護および当社規定により適切な安全対策のもとに管理し、法定点検、リコール等、製品安全に関するお知らせをする場合以外には使用いたしません。 
※本サイト内での個人情報の取り扱いについては こちら
  1. はがき(所有者票)でのご登録
    食器洗い機に同梱されている所有者票(返信用はがき)に、所有者情報をご記入の上、投函してください。

    ※返信用はがきを切り取った所有者票については、お客様の控えとなりますので、取扱説明書、保証書等とともに大切に保管してください。
所有者登録はがき

 

  1. 電話でのご登録
    食器洗い機に同梱されている「所有者票」(はがき)をご用意のうえ、下記フリーダイヤルまでお電話ください。 所有者登録には、製品の品番、製造年月が必要になります。
    (お電話でご登録いただく場合は、所有者票の返信は不要です。)

    ミーレ・コンタクトセンター(お客様サポートセンター)
    固定電話のお客様: 0120-310-647 (フリーダイヤル)
    ​携帯電話・PHSのお客様: 0570-096-300 (ナビダイヤル) 
    ■ 受付時間:月~金(9:30~17:30)土日・祝祭日休み

     
  2. インターネットでご登録
    特定保守製品の所有者登録」ページからご登録ください。
    (インターネットでご登録いただく場合は、所有者票の返信は不要です。)