普段と違う器具を使って調理

バーベキューグリル
肉、魚、野菜などは、グリルで調理するとひときわおいしくなります。グリル台が別個に2つあり、台ごとに火加減ができるので、グリル調理と保温を同時に行うことができます。個人の好みに合わせられること請け合いです。グリル調理の際に水を使うと、よりジューシーな仕上がりになります。また、ラバロックを使うと、野外バーベキュー本来の香りが広がります。
テッパン焼き
熱いステンレス面の上で食材を直接調理できます。ミーレのIHテッパンには2つの独立した加熱回路があり、これによって様々な温度で食材を調理したり、保温したりすることができます。
フライヤー
外側がぱりっとしたおいしい料理を作りたい場合、フライヤーを使うと便利です。油が目的の温度に達すると、温度インジケータが表示されるので、安全に調理でき、また満足のいく揚げ具合になります。アクリルアミドの発生も抑えます。フライヤーは揚げ物調理以外にも使えます。たとえば、パスタインサートを使用すれば、パスタを簡単に調理できます。
※画像は一部日本仕様と異なる場合があります。