保温機能

その時間を有効に使うことができます
この機能を使うと、量に関わらず、理想的な状態で料理を保温することができます。鍋底の温度をセンサーが感知し、焦げつかせることなく、出来立ての温かさを保ちます。その間、他の料理の準備ができ、時間を有効的に使えます。
※画像は一部日本仕様と異なる場合があります。