ミーレの歴史

1899年から今日までのミーレの歴史

 
  • 1899~1909

    • 1899年

      Carl Miele und Reinhard Zinkann

      カール・ミーレ(左)とラインハルト・ツィンカンは1899年6月に契約を結び、クリーム分離機の製造メーカーMiele & Cie.の1899年7月1日の創業を目指します。 

      Fertigung von Milchzentrifugen in der Gemeinde Herzebrock nahe Gütersloh

      この新しい会社は、ギュータスロー近郊のヘルツェブロックにあった古い製材兼粉砕工場内に作られ、社員11名でクリーム分離機を作り始めます。

       

    • 1900年

      Meteor-Buttermaschine

      2年目には取り扱い製品にバター攪拌機(メテオール)が加わり、農家の、とりわけ農場で働く妻たちの仕事量が大幅に軽減されました。

       

    • 1903年

      Oberpendel-Waschmaschine Modell A

      フタに攪拌機を取り付けたモデルA洗濯機により、動作が大幅に向上します。 攪拌器には動きを安定させる調速機が付いており、単純なてこよりはるかに軽く動きました。

       

  • 1910年代

    • 1910年

      Die erste Miele Waschmaschine mit eigenem Elektromotor

      独自の電気モーターを搭載したミーレの最初の洗濯機は、1910年に発売されました。 同じモーターが、脱水用絞り器の動力にもなっていました。 絞り器は、リリースレバーで動力系統から外すことができました。

       

    • 1912年

      Miele Automobil

      ここまでの成功に勇気を得て、創業の父たちは自動車生産に乗り出します。 1912~1914に合計143台の自動車が5100~7900マルクで販売されています。 しかしこのビジネスには大規模な投資が必要となることから、まもなく撤退します。

       

    • 1914年

      ミーレは、第一次世界大戦の前にはもう最初の水力洗濯機(No. 40)を製造しています。 当時、水は電気より大幅に安く、使用後に集めて他の目的(すすぎなど)に再利用できました。

      Die erste Wassermotor-Waschmaschine

      伝説的なミーレの洗濯機No.50モデルは、ミーレで3番目の新商品として導入され、
      一般家庭用電源にそのままプラグイン可能な電気式モーターを搭載していました。

    • 1915年

      Miele Handwagen

      戦時中の必要に迫られ、ミーレは生産品に手押し車を加えます。 これが大成功をおさめ、50年代まで生産され続けました。

       

    • 1916年

      10 Jahre Miele Qualität

      ミーレは当時すでに製品の品質に大きな自信を持っていたので、要望があれば10年保証に応じました。

       

  • 1920年代

    • 1920年

      Miele Kleinmolkerei

      搾乳はすでに高度に機械化されていました。 装置2~3台という小さな乳製品工場では、搾乳からバター製造までという牛乳加工のすべてを1台のモーターで賄います。

       

    • 1921年

      Erste Miele Werbung mit Schmuckfarben

      確固たる存在感を確立すべく、ミーレは広告活動でまず、わかりやすい情報を添えてブランドの明確な横顔を伝えることに焦点を合わせます。 

    • 1923年

      Miele Kraftwaschmaschine Nr. 50

      搭載電気モーターによる直接駆動型のミーレの洗濯機No. 50は大きな機能向上を果たし、その後まもなくほとんどの洗濯機に絞り器が搭載されるようになります。

    • 1924年

      Mielewerk in Bielefeld

      1924年についに、 ミーレの拡張されたビーレフェルト工場で、長い間待ち望まれていた自転車の生産が始まりました。

    • 1925年

      Die ersten kohle- und gasbefeuerten Trommelwaschmaschinen

      1925年、ミーレは石炭とガスを動力とする初の洗濯機を開発しました。 この大容量洗濯機は、ホテル、レストラン、病院のような施設内での使用に向けて設計されていました。 大型の回転式乾燥機の出荷も始まります。

       

  • 1930年代

    • 1930年

      Miele Schaukelwaschmaschine

      ミーレの揺りかご式洗濯機が登場したのが1930年。その原理は昔ながらの洗い方、 つまり流水のもとで洗濯物を前後にひきずり、手で叩くというものです。 これほどの大きな機械を動かすには電気モーターの使用が必要でした。

       

    • 1931年

      Staubsauger in der modernen Torpedoform

      箱形掃除機の後を受け、ミーレは「魚雷の形」をした初の掃除機「モデルL」を投入します。このデザインは今も一般的です。 形の他には、カーペットを優しく掃除するためのアタッチメント、ラバー緩衝器、ベークライトのケーシングが目新しい要素でした。

       

    • 1932年

      Miele Motor-Fahrrad

      ミーレの自転車に、原動機が装着されます。 原動機付き自転車は、とりわけへき地の医師や森林労働者、牧師、郵便配達人の苦労を軽減しました。

       

    • 1935年

      Rasanter Staubsauger-Absatz

      掃除機がたいへんな売れ行きを示します。 新しい高性能モデル、シンプルな操作、魅力的な価格が、集中的な広告に後押しされ、売上が急速に伸びました。

       

    • 1936年

      Miele Gepäck-Fahrräder

      自転車の開発も急ピッチで続けられます。 子供用の軽量自転車から重い荷物用自転車までという幅広いモデルで、一人一人に合った自転車を提供しました。

       

  • 1940年代

    • 1940年

      Miele Waschmaschine Modell Nr. 55

      大戦中、家電製品の製造が大幅に制限されます。 1940年、洗濯機はNo.55モデル約1万台を含め、わずか2万2000台しか製造されませんでした。

       

    • 1941年

      Miele Fahrrad Typ Arbeitsdienst

      当時の重要な製品は「勤労奉仕」用のミーレ自転車でした――「たいへんな消耗や手荒な扱いに耐えるよう」作られた自転車です。

       

    • 1943年

      Miele Futterdämpfer

      コンロや飼料ダンパーに対するのドイツ食品業界からの緊急需要があり、ミーレは生産を続けました。

       

    • 1946年

      Miele Werbeprospekt

      戦後初めて広告カタログが印刷されます。

       

    • 1947年

      Waschmaschine Nr. 122 KVJ

      フタに攪拌機を搭載し、スチール製洗濯漕を亜鉛メッキした洗濯機No. 122 KVJが新たに開発されます。 動力系の内部にはボールベアリングさえ使われています。

       

    • 1949年

      50jähriges Miele Jubiläum

      ミーレの50周年が祝われましたが、その規模は控え目でした。 その代わり、全社員がかなりの額の報奨金を受け取り、ミーレ年金が一律20%増額され、相当額が弊社の慈善基金に投入されました。 

  • 1950年代

    • 1952年

      Waschmaschine Nr. 75s

      50年代、洗濯機は離れや地下室を出て、家の中へ進出します。 それに伴い、形も変わって角形になりました。 洗濯機No. 75の広告では「 上品で装飾的な外観が、キッチンや洗面所で人目を引きます」と謳われています。

       

    • 1953年

      Trommelwaschmaschine Nr. 307

      フロントロード式の洗濯機No. 307は、「のぞき窓付きドア」を採用した最初の製品の1つで、 洗濯物を前面から入れる初めての洗濯機です。 見た目も斬新で、 ランドリーケアの自動化の始まりを示す兆候でした。

       

    • 1954年

      Miele Broschüre

      二輪車の製造は50年代半ばにピークに達します。 モペッド、原付、オートバイがかつてないほど増産されます。 詳細な情報を提供するカタログと共にそれを後押ししたのがミーレの広告でした。

       

    • 1955年

      Miele Bodenstaubsauger Präsident S

      新しいミーレの掃除機プレジデントSがカーペット普及の流れに対応します。 現代的なプラスチック筐体の他に、新たに3ウェイノズルを採用しています。 糸くず取りや調整可能なブラシストリップのおかげで、あらゆるタイプの床での使用に適しています。

       

    • 1957年

      Mutti macht's mit Miele

      「ママはミーレでお掃除」――ミーレは掃除機の広告に力を入れ、50年代終わりに向けてこの新しいスローガンを打ち出します。 効果は絶大でした。 毎年10万台を超える掃除機が売れました。

       

    • 1958年

      Entwicklung des ersten Wäschetrockners

      1958年、ミーレはランドリーケアの歴史に新たな章を開きました。 初の家庭向け電気式タンブル乾燥機が出荷されたのです。 

  • 1960年代

    • 1960年

      Miele-Moped K 52/2 Sport

      二輪車の生産に終わりが訪れます。  
      ミーレモペッドK 52/2スポーツが最後の新開発製品でした。 このモペッドは、ペダルキックスタート機能付き47 ccmフィヒテル&ザックス製モーター搭載で、3速トランスミッションが標準装備されていました。

    • 1961年

      Anzeigenkampagne für Miele Staubsauger

      ミーレ掃除機の広告キャンペーンのイラスト。

       

    • 1963年

      Miele Geschirrspüler G 45

      1963年に、新しい食器洗い機「ミーレG 45」が発売されます。 主な特長として、 容量が増加したこと(12種類の標準配置設定)、標準的なキッチン寸法のおかげでビルトイン設置できるようになったこと、ステンレススチールの洗浄庫内、洗剤ディスペンサーが挙げられます。

       

    • 1965年

      Miele Glückspilzaktion

      1965/66年、ミーレのきわめて集中的な製品プログラムが、大規模な地域広告キャンペーンと合わせて全国展開されます。 「ラッキーなあなた」プロモーションでは、さまざまな機器に関する質問に回答することが求められました。

       

    • 1967年

      Miele Spezial-Spülautomaten

      ミーレは、洗浄機で工業施設や病院への参入を試みます。 そのためのモデルは、手術器具の洗浄用のG 17 OP、病院での熱消毒用のG 18、実験用ガラス器具の洗浄用のG 19でした。

       

  • 1970年代

    • 1970年

      Zentralersatzteillager

      新たに建設された中央スペアパーツ倉庫で、立体倉庫という新テクノロジーを活かします。 約5万種のスペアパーツを保管する約3万5000の場所がコンピューター管理され、積み卸しは18台のサービス車両によって自動で行われます。

       

    • 1971年

      Staubsauger Modell S 204

      掃除機がモデルS 180、S 200、S 204で装いを新たにします。 写真のS 204の特筆すべき特徴は、1000 Wというハイパワーと吸引力の電子制御でした。

       

    • 1974年

      Neue Einbauherd Generation

      新世代のビルトイン製品が、新しいキッチン世代と共に、ミーレのヴァーレンドルフ工場から投入されます。 機器の構造が厨房家具と初めて細かいところまでコーディネートされており、キッチン家具のデザインもミーレキッチンと見事に調和します。

       

    • 1975年

      Neue Fronten in der Küchenproduktion

      新しいヴァーレンドルフ工場におけるキッチン製造が全速力に達します。 大きな魅力の1つは、さまざまに着色された丈夫なオーク材によるフロント仕上げです。 一方、モダンな色のラミネート仕上げのフロントも人気でした。

       

    • 1977年

      Microwelle Modell M 690

      電子レンジ時代の始まりです。 ミーレ初の製品であるモデルM 690は当初はカウンタートップ型で、そのコンパクトな寸法のおかげでどこにでもスペースを見つけることができました。 後に、ビルトインオプションも用意されます。

       

  • 1980年代

    • 1981年

      Neukonstruktion der Waschautomaten und Wäschetrockner

      1981年に、新世代のコンピューター制御洗濯機および乾燥機が市場に投入されます。 この新しいミーレ製品の重要な利点は、 容量の5 kg増、脱水回転数の高速化、エネルギー節約プログラムによる環境への優しさでした。 

      Neuer Werbestil für Miele Anzeigen

      ミーレ製品に対して新しいスタイルの広告が導入されます。 広告する対話です。

       

    • 1982年

      Bügelmaschine Modell B 864 E

      ローラースピード制御付きの新しいロータリーアイロン、モデルB 864 Eが1982年に発売されました。

       

    • 1987年

      Reise in die Vergangenheit

      1987年に新しいミーレ博物館が開館しました。 ドイツ最古の洗濯機メーカーとして、ミーレは洗濯機の開発史など、世界で他に類を見ない授業を実施しています。 

      Erster Geschirrspüler mit Besteckschublade

      「最上級の食器洗い」という宣伝文句が、初のカトラリートレイ付きの食器洗い機の発売に際して使用されます。 2段ある食器用バスケット上のそのまた上の段で、カトラリーが徹底的かつやさしく洗浄されます。

       

    • 1989年

      Einbau-Herde und Backöfen mit integrierter Microwelle

      エルデで操業を開始したミーレの新工場で、新しいビルトイン式の電子レンジと電子レンジ機能付きオーブンが生産されます。

       

  • 1990年代

    • 1993年

      Vollautomatisches Warenverteilzentrum

      全自動の流通センターがギュータスロー工場内に開設されます。 物流チェーンに加わったこの新しいリンクは、約10万台の家電をコンピューターで管理する保管システムにより、物品の効率良い的確な配送を実現しています。

       

      Induktionskochfeld

      調理の世界の動きが速くなり始めます。 IHクッカーが電光石火のスピードで直接鍋で熱を生成し、調理時間の短縮と最適なコントロールを実現しています。

       

    • 1994年

      Küchen in gewünschter Farbe

      ミーレはお客様の要望を満たすためのまた別の大きな一歩を踏み出し、システムキッチンの製造に乗り出します。 今では、多彩なRAL色見本の中からお好みの色を選べます。 お客様はご希望のまさにその色のキッチンをご注文いただけます。

       

    • 1996年

      Das legendäre Miele Auto

      伝説のミーレ自動車の復活です。 世界中を探し回った末、1912年に製造された初代のミーレ自動車がノルウェーで見つかりました。 オーバーホールされた後、現在はミーレの新しい博物館で誇り高い余生を楽しんでいます。

       

      Miele Update Funktionalität

      ミーレの新しい全自動洗濯機に絡んで流行った言葉は「アップデート」。 電子制御の設計は、洗濯機を買って何年も経った後でも生地、洗剤、ファッションの変化を採り入れて更新できるようになっています。

       

  • 2000年代

    • 2001年

      Patentierte Miele Schontrommel

      100周年記念を迎えたミーレの洗濯機が、世界初の機能でランドリーケアに革命をもたらします。 特許取得済み*ミーレハニカムドラムにより、洗濯物は水の膜の上で滑るように優しく動きます。 * ヨーロッパ特許: EP 0 935 687

       

    • 2004年

       Neue Generation von Waschmaschinen und Trocknern mit Profitronic M Steuerung

      「テクスケア」トレードショーにおいて、ミーレは自由にプログラムできるプロフィトロニックMコントロール搭載の新世代洗濯脱水機および乾燥機を発表します。 洗濯容量10~20 kgの各種洗濯機が取り揃えられました。 おなじみのシールド設計による洗濯脱水機と乾燥機は、さまざまなデザイン賞に輝いています。 並はずれて衣類にやさしいランドリーケアであることは、WfK*による検証済みです。 特に、ウール用プログラムとハニカムドラムの組み合わせは、衣類を手洗いと同じくらいやさしく扱います。 * WfK – クレーフェルト・ランドリー研究所

       

    • 2004~2009

      Optimierte Miele Staubsauger Baureihen für jeden Haushalt

      どこのご家庭にもぴったりな掃除機です。 きわめて軽くて扱いやすいモデル、便利な機能を装備したモデル、パワフルなモデル、さらにはコードレスのモデル――どのモデルシリーズにも独自の魅力があります。

       

    • 2007年

      Pflegeprodukte aus der Miele CareCollection

      ミーレケアコレクションの新製品をミーレの高品質家電で使用すれば、システムソリューションが毎回申し分のない仕上がりを保証します。 これらの洗剤・ケア用品は対応する機器との相性が抜群で、申し分のない仕上がりを約束します。 詳細については、ミーレのオンラインショップをご覧ください:www.miele-store.jp

       

      Miele Generation 5000

      ミーレは、モイスチャープラス搭載の新しいビルトイン電子レンジ/オーブンを発表します。 ファンヒーターと湿気の組み合わせにより、ローストの汁気が保たれ、パンはかりかりに焼き上がります。 さらに、まったく新しい「ジェネレーション5000」ビルトインキッチン家電は、デザインと使いやすさの点で互いを補い合っています。

       

    • 2009年

      Designlinie FIRE und ICE

      違いのわかるお客様向けに、ミーレはFIREシリーズとICEシリーズを開発します。表面はチタンまたはアルミニウム仕上げで、クロムメッキまたは金メッキで装飾されています。 ステンレススチールによる標準的なデザインのブリリアントホワイトプラスおよびブラックも、引き続き説得力のある魅力的な選択肢となっています。

       

  • 2010年代

    • 2010年

      EcoLine Modelle mit Eco Feedback Funktion

      経済性をさらに追求した洗濯機モデル「エコライン」の特長は、環境に優しい特別な洗浄プログラムです。 また、世界でも他に例を見ないエコフィードバック機能を備えており、消費量をいつでも確認できます。 これにより、環境意識の高い消費者はエネルギー消費に直接的な影響力を行使できます。

       

      Stand-Kaffeevollautomat von Miele

      極上のコーヒー、絶美のデザイン、優れた使いやすさを愛する方々に朗報です。ミーレが初の自動式カウンタートップコーヒーマシンを発表しました。 コンパクトなデザインのおかげで、どんなカウンターにも十分載ります。 搭載テクノロジーは実績あるビルトイン型のものと同じです。

       

      Miele InfoControl Plus

      ミーレの「インフォコントロールプラス」を使うと、すべての家電の状態が一目でわかって便利です。 無線LANテクノロジーを使い、ユーザーは家中の機器について、選択されているプログラム、動作モード、処理の残り時間といったステータスをチェックできます。 もう1つの新機能として、機器をリモートコントロールできるようになりました。 これで機器を家のどこにいても問題なくオン/オフできます。 安全に関わる機能はもちろん対象外です。 そのため、お手持ちのiPhoneでオーブン、スチームクッカー、クッカーの電源を入れたり、冷蔵庫の電源を切ったりすることはできません。

       

    • 2011年

      Dampfbügelsystem mit aktivem Bügeltisch

      史上初めて、ミーレは「アクティブ」なアイロン台を持つスチームアイロンシステムを発表します。 特許取得済みの1-2リフトシステムによりアイロン台を楽々たたむことができ、その他多くのミーレだけの機能や特長と合わせて、アイロン掛けのビギナーからプロまでを喜ばせています。

       

      25 Jahre Besteckschublade

      ミーレのカトラリートレイが25周年を迎えました。 特許取得済みの3Dカトラリートレイは高さ、幅、奥行きを調節でき、大きくて変わった形をした食器類でもいろいろな置き方ができます。

       

    • 2012年

      FlexTouch von Miele

      ミーレの新しいフレックスタッチIHクッカーでは、調理器をセラミック面のどこにでも置くことができます。 実際の位置はディスプレイに1:1対応で表示されます。 これにより操作が簡単で直感的になります。

      デザイン賞を受賞し、人気を博した掃除機「S5 シリーズ」の後継機種「S8 シリーズ」* が登場。 より高い性能やユーザー利便性に加え、エネルギー効率もアップ。 多数の特許取得技術をはじめ、さまざまな特長を備えています。
      ミーレ掃除機の最上位機種である「S8 シリーズ」は、発売開始に先立ち、栄誉あるレッドドットデザイン賞を授与されました。 ( *日本未発売)

    • 2013年

      新しいビルトイン調理機器「Generation 6000 シリーズ」は、「ピュアライン」と「コントゥアライン」* という二つのデザインラインから成り、様々な新しい色と材質が加わって、さらなる独自性が生まれました。
      新しい前面の色とハンドル、画期的なディスプレイとユーザーインターフェイスにより、デザインの幅が広がりました。 それにより、カスタマイズしやすく、インテリアデザインや家具に美しく調和します。 ( * コントゥアラインは日本未発売)

      ミーレの新型 W1 ジェネレーション洗濯機はすべて、シンプルで操作しやすく、直観的でわかりやすいユーザーインターフェイスが特長です。
      また、素材に合わせたお洗濯を簡単にし、お客様のニーズに合わせたプログラムを設定できる新たな機能も加わりました。 ( *日本未発売)

      新型 T1 乾燥機は、便利で、経済的、環境に優しく、統一されたデザインが特徴で、同系洗濯機との相性は完璧です。 全機種ともヒートポンプ技術が採用され、エネルギー効率は A+ 以上(ヨーロッパのエネルギー規格)です。 ( *日本未発売)

      ミーレのG6000シリーズ食器洗い機には、前面を2回ノックすると食器洗い機の扉が開くという革新的な「Knock2Open」機能を搭載した機種をご用意しています。 ハンドルのない家具のような前面なので、扉が閉まった状態では、キッチンに完全に溶けこみます。

    • 2014年

      Scout RX1 はミーレ初のロボット掃除機です。ロボット掃除機の分野に参入し、世界中の消費者の皆様に、そのナビゲーションシステム(スマートナビゲーション)、優れたクリーニング性能、充電式リチウムイオンバッテリーの優れた充電力と耐用性に納得していただきました。

      ミーレの家庭用電気機器アプリは Qivicon Home Base (スマートフォンやタブレット端末から家庭内にある機器の遠隔操作を可能にするサービスプラットフォーム)で利用できます。 ミーレは、共通の技術的基盤となるスマートホームアプリケーションを提供し、業界各社のブランドを統合する Qivicon 接続プラットフォームの創設パートナーです。 ミーレの家庭用電気機器をお持ちの方は、Qivicon ポータルでアプリを起動させ、機器の状態を確認し、機器を遠隔操作することができます。

      ミーレは業務用洗濯技術を追及して90周年:ミーレは、1924年以来、業務用ランドリー機器を開発、製造してきました。 現在は、トータルで考えられた、洗濯脱水機、回転式乾燥機、業務用ロータリーアイロン* をプロフェッショナルのお客様に提供し、優しいランドリーケア、費用効率の高い機械操作、効率的な動作工程を追及しています。 21世紀の革新技術にも、初代機と同じ伝統が引き継がれています。( *日本未発売)

    • 2015年

      ヨーロッパの家庭用機器市場にアメリカ的感覚:ミーレが北米市場向けに開発した調理用レンジのXXL モデルがヨーロッパ市場に弾みをつけ、大きな関心が集まっています。 ( *日本未発売)

      料理を焦がしたり、火加減を常に気にしたりせずに、理想的な出来上がりに調理ができる IHクッカーが登場しました。 TempControl のロゴの付いた、新型のIHクッカーは、特に炒め物や揚げ物が簡単になり、ゆったりとした気分で調理できます。 セラミックスクリーンの中に埋め込まれたセンサーが常に最適な温度に保ちます。 TempControl は IH 対応の鍋やフライパンすべてで使用できます。( *日本未発売)

    • 2016

      新しい食器洗い機G 6000 EcoFlexシリーズは、1時間未満の洗浄で、最高洗浄性能Aクラスの洗い上がりを実現します。これはドイツのTÜVの試験で承認されたもので、ミーレ独自の技術によるものです。ECOプログラムは、エネルギー効率最高クラスA+++の値よりもさらに20%も経済的です(ヨーロッパ基準)。
      新たに設計されたバスケットにより、ミーレはさらに多様性と利便性に関しても優れた業績を上げています。
      多くのEcoFlex食器洗い機は無線LANに対応しています(日本仕様未対応)。 

      キッチンとリビングが一体となっている部屋では、明確なデザインが求められます。個々の主な要素はピュアでストレート、かつハンドルのないものが求められます。そうでなければ、全体としての印象はぼやけてしまうでしょう。ミーレはこのトレンドに合わせ、新しいビルトインのアートラインシリーズ*を生み出しました。
      コレクション全体で、ハンドルがなく、真っ直ぐなインテリア家具の表面に継ぎ目なく溶けこんだ、全く新しい方法による製品の完全な融合というコンセプトを表現しています。
      ミーレの新しいカラーのグラファイトグレーとブリリアントホワイト、オブシディアンブラックを取り揃えています。(*日本未発売) 

      Blizzard CX1*は、卓越した集じん効果とダスト容器を空にする際に大変便利で、衛生的である点に優れています。さらにミーレの最初のサイクロン式掃除機の最も優れた点は、この製品にありがちな運転音の大きさを抑えているところです。多くの優れた細部も他では見られないものです。(*日本未発売)