南米の高原から生まれる素晴らしい味

完璧なコーヒーを楽しむ上で、正しい準備はコーヒーの品質と同じぐらい重要です。このため、ミーレはミーレ独自のコーヒーを発注することにしました。ミーレブラックエディションN°1です。この限定コーヒーは、ミーレのエスプレッソマシンの使用を念頭に置いて、ミーレに対して特に製造されました。注文はミーレのオンラインショップから行うことができます。
(www.miele.shop.com)
ミーレのブラックエディションN°1コーヒーブレンドは、プライベートロースタリーのVollmerと連携してミーレに対して特に構成されています。豆は、非常に慎重に、優しくドラムで焙煎されます。これには、産業ラインによる焙煎プロセスより少し長い時間がかかり、熟練連したコーヒー焙煎マスターの全感覚が必要となります。結果として、南米の4種類の手摘みのアラビカ豆による調和性が高くバランスされたブレンドが生まれました。フェアトレードとオーガニック条件について、特に注意が払われています。
ブラックエディションN°1には、南米高原のアラビカ豆から4つの種類が選択されました。名前の原義が示すように、ロブスタは、アラビカより丈夫で病気にかかりにくいのですが、世界ではアラビカ豆のフレーバーが高品質と見なされています。アラビカ豆は600~2100 mの標高が高い場所で成長します。アラビカ豆は標高1000 mを超える場所で生産されるため、特に高い品質を象徴する"マウンテン"コーヒーとしても知られています。標高が高く温度が低い場所では、実の熟成が遅くなるからです。これによって、実に酸味が出て、フレーバーに良い影響を与える化合物を形成するのに時間がかかるようになります。
ミーレのブラックエディションN°1は、フェアトレード製品として認定されています。コーヒーは、フェアトレード製品の領域のパイオニアでもあります。フェアトレードコーヒーは、発展途上国のコーヒー労働者やその家族の生活や労働環境の改善に大きく貢献しており、環境保護も促進しています。
フェアトレードのコーヒーは、直接追跡することができます。このコーヒーは、100 %、フェアトレードコーヒーの組合で生産されています。
BIO認定*
環境に優しい方法で農産物を生産する各企業は、EU内で商品を販売するには、有機農業に関するEUのルールに従って認定を受ける必要があります。この認定は、生産、加工、輸送、倉庫保管、販売などの有機生産チェーン全体を対象としています。これは、同族コーヒー焙煎企業であるサプライヤーVollmer KaffeeがBIO認定されていることを意味するだけではありません。ミーレも、BIOコーヒーの倉庫保管エージェントおよび販売者として、初めてBIO認定されています。*
※画像は一部日本仕様と異なる場合があります。