ファッショントレンド

世の中にはファッション界ほど移り変わりのめまぐるしいところはまずありません。 今日はセンスが悪いとされていたアイテムが明日には大流行していたり、その逆もありえます。 世界中の流行の仕掛け人、ファッションジャーナリスト、スタイルの教祖、スター、ブロガー、デザイナーが、何が流行りで何に手を出さないほうがいいのかを指南します。 ピーターパンの襟、エスニックルック、アニマルプリント、それともリトルブラックドレス? あなたがファッションの向かう先を見失わないよう、私たちが世界のトレンドを探ります。 とはいっても何より大事なルールは、 好きなものを着ることです!

Getty Images, Getty Images for Kaftan Citra

ベルベットは永遠に?

国際的なファッションショーを見る限り、ベルベットは世界を席巻しそうな勢い。ワンピ、スカート、スーツもベルベット。カラーはブラックやネイビーといった「いかにも」なものだけでなく、鮮やかなマスタードやバーガンディなど新鮮な色合いが登場。柔らかくてあたたかみのある肌触りと着心地の良さが抜群のベルベットは、デザイン次第でラグジュアリー感あふれるドレスに。さらに今のメガトレンドであるフロアレングスと組み合わせると、大胆で贅沢なステートメントになります。

Getty Images (2)

チェックに恋して

チェック柄はもはやファッションの定番。タータンチェック(スコットランドの伝統柄)やヴィシーチェック(ギンガム)で頭からつま先まで揃えるのが最新のファッショニスタルック。白地にブラック、ブルー、レッド、その他のパステルカラーなどのチェックを縦横等間隔に配したギンガムチェックは、以前から夏の軽やかなファッションとして親しまれてきましたが、今ではタータンチェック(特にレッド系)とともに年間を通じてワードローブのマストアイテムとなっています。

Getty Images (2)

ブラックからメタリックへ

「WEAR BLACK OR STAY NAKED」…。そんなメッセージを見たことはありませんか。今シーズン、「黒を着ないなら何も着ない方がマシ」というのは単なる言葉の綾ではありません。ブラック(とグレー)は大注目の最新ファッショントレンド。どちらもボリューミーなアイテムや鮮烈なカラーブロックと組み合わせられるのが魅力。さらにモノクロなのに織り柄や質感で遊ぶのが新しい技。グレーは端正な印象を与える色で、例えばグレーのカシミアセーターはカジュアルなのに上品なエレガンスが漂います。さらにもう1つのトレンドであるシルバートーンやメタリックはグレーとの相性が抜群。今シーズンは上品かつエッジにトレンドを楽しみましょう。

AFP/Getty Images, Gamma-Rapho via Getty Images

田舎で過ごす週末

英国カントリースタイルがカムバック。クラシックなツイードのスーツ、タータンチェック柄、ロングブーツ、レザーボタン、ざっくりとしたセーターに注目が集まっています。アーシーな色合いに、クリーム、レッド、ブリティッシュグリーンを組み合わせて。ナチュラルで気取らないのにクールに決まるスタイルです。

AFP/Getty Images (2)

パッチワークの芸術性

シルバーメタリック、メッシュ、ウールラメのピースをパッチワークにした大胆なバギーセーター。ワイルドな柄をランダムに配置し、個性の衝突を楽しみます。体の動きに合わせて揺らめくカラフルなパール、フェイクファー、巨大なリボンは、シンプルなドレスに個性を吹き込みます。

WireImage, Gamma-Rapho via Getty Images

オフィスに異変?

働く女性の間で今人気を集めているのは、ビジネスからアフターまで活躍するパンツスーツ。クラシックな定番スーツはもちろん、カラフルなコーデュロイやベルベットを使ったファンキーな70年代スタイルも登場。但し、ウエストラインを強調したシルエットはカッチリしすぎてNG。ボーイフレンドスタイルやレイヤードルックなどゆったりめのデザインを選びましょう。