Miele 調理機器 × クッキング エキスパート

ミーレ オーブンの魅力

日本を代表するシェフや料理家の皆様に、ミーレ調理機器を実際にお使い頂いた感想をお聞きしました。

ミーレ オーブンの魅力 ~ 料理研究家 平野由希子 先生

“ミーレのオーブンなら、設定するだけで思い通りに焼き上がります。” --- 平野由希子

─── ミーレと出会ったきっかけは何でしたでしょうか。

いつかは「ミーレ」という思いがありましたが、仕事を通じての出会いでした。
現在のキッチンをつくる時に揃えました。

─── 現在ご使用のミーレ製品を教えてください。

電気オーブン H 4260 B KAT、食器洗い機 G 646 PSC、冷凍冷蔵庫 KF 8462 S、掃除機 S 526 Cat & Dog Plus、ロボット掃除機 Scout RX1

─── ミーレ製品を長年ご愛用いただき、ありがとうございます。ミーレ製品の良さや魅力はどのようなものでしょうか。

優れたデザイン性ですね。スマートでどんなキッチンにも溶け込むデザインが良いです。 パワーがあるのに、音が静かなことも気に入っています。それに、”長く使い続けていくことができる”という安心感があるのも良いですね。

─── お使いのミーレ電気オーブンで、特に気に入っている点や機能がありましたら教えてください。

電気オーブンはパワーがないと思われがちですが、ミーレのオーブンは立ち上がりもとても早く、強力なパワーがあります。次に、温度設定が50度〜250度まで可能なこと ── 肉焼きレシピはごく低温で長時間焼いたり、高温で短時間で焼いたり、保温したりと、細かな温度設定が必要になりますが、自由自在に設定できます。肉焼きはカンが頼りなところが多分にありますが、ミーレのオーブンなら、設定するだけで思い通りの焼き上がりが可能です。また、夏場に長時間使用しても、部屋の気温が上昇することが全くないことも良いですね。

─── まだまだ日本では、ビルトインオーブンに馴染みがありません。
ビルトインオーブンのメリットや楽しみ方について、アドバイスをお願いします。

キッチンが生活の中心となっているいま、ビルトインのオーブンのあるキッチンは美しく、快適な生活スペースとなります。
日本ではオーブンは日常の料理に広く溶け込んでいるとはいえない状況ですが、実はどんな調理器具よりも、テクニックの差、カンのいらない道具です。また、入れておくだけで、手が離れるというメリットもあります。
忙しい方にこそ、もっともっとオーブンを使ってほしいと料理家として思っています。