Miele 調理機器 × クッキング エキスパート

ミーレ オーブンの魅力

日本を代表するシェフや料理家の皆様に、ミーレ調理機器を実際にお使い頂いた感想をお聞きしました。

ミーレ オーブンの魅力 ~ 「わいんのある12か月」 主宰 高橋 雅子 先生

わいんのある12か月 主宰 高橋雅子先生

─── ミーレと出会ったきっかけを教えてください。

ミーレが行っている、“お料理教室でミーレ製品を使用する” というプロジェクトで、出会いました。
生徒さんの間でもミーレは大変人気があります 。

─── 現在ご使用のミーレ製品を教えてください。

電気オーブン H 5461 BP、コンパクト型電気オーブン(電子レンジ機能付き) H 5040 BM、コンビセットIHクッカー CS 1212 I、洗濯機 W 5820 WPS、冷凍冷蔵庫 KFN 12823 Sed、掃除機 S 4262

─── ミーレの電気オーブンを実際に使ってみていかがでしょうか。

オーブンは様々なメーカーから安いものだと1万円以下から、髙いものだと100万円もするものも売られていて、価格に非常に差がありますが、私はこの値段の差=機能の差だと思っています。
実際にハード系のパンを焼くと違いがはっきりと分かるのですが、値段で出来が全然異なります。
例えば私は7000円のオーブンも使用していたことがあるのですが、バゲットを焼くとき、それこそ何度も何度も試行錯誤を繰り返して、銅版を入れたりと工夫して理想のパンを作り上げてきました。ミーレを初めて使用したときも、トライアルの気持ちで焼いてみたのですが、たった1回で理想のパンが焼きあがったんです。これには大変驚きました。クープの開きも完璧でした。熱効率もいいのか銅版も必要ないですし、安いオーブンだと1本しか焼けないバゲットがミーレだと3本でも焼けます。予熱も大変早いです。ミーレの製品は高価ですが、使用すると本当に機能の良さを実感します。
まずは是非使って見てください。ミーレ製品の良さが実感頂けると思います。

─── 特に気に入っている点や機能はなんですか?

モイスチャープラス機能が特に気に入っています。パンはクープの開きがとてもきれいで、食感も味も申し分ありません。パンだけでなくお肉も美味しく焼くことができます。
私はお料理教室で使用しているので、熱分解洗浄や、ドアが取り外せるなどお手入れがしやすいのも気に入っている点のひとつです。
またフードプローブ(食品温度計)もお肉を焼くときに重宝します。正確な温度で焼くので、失敗がありません。
他にはデザインも可愛かったり、、、と挙げるとキリがないです。
 
(※モイスチャープラス: 加熱途中で手動、または、自動でスチーム噴射する機能。)

─── まだまだ日本では、ビルトインオーブンに馴染みがありません。
ビルトインオーブンのメリットや楽しみ方について、アドバイスをお願いします。

オーブンを使用される方は女性が多いと思うのですが、女性って見た目でテンションが上がりますよね。
ミーレはデザインも良く、テンションが上がります。オーブンは卓上型が主流ですが、炊飯器をたくさん置いているような感じになり、やはりビルトイン機器だとすっきりときれいに見えます。他の料理家の先生を見てもキッチンが汚い人ってまずいません。これは掃除が行き届いているという意味だけでなく、見た目も美しいということなんです。
オーブンは大変便利な調理家電です。底が焦げ付くこともないし、火でやるよりも失敗が少ないです。タイマーを使用すれば、オーブンにまかせっきりで見張る必要もなく、時間も有効に使えます。私の母も大変忙しく、オーブンを頻繁に使っていました。
忙しいときほどオーブンを活用してみてください。