Miele 調理機器 × クッキング エキスパート

ミーレ オーブンの魅力

日本を代表するシェフや料理家の皆様に、ミーレ調理機器を実際にお使い頂いた感想をお聞きしました。

ミーレ オーブンの魅力 ~ 料理研究家 門倉多仁亜 先生

“温度、上火、下火など、すべて自分で管理できるのがいい。イメージ通りに料理ができますよ” --- 門倉多仁亜

─── ミーレと出会ったきっかけは何でしたでしょうか。

母が掃除機と食洗機を使っていましたし、ドイツでは良いメーカーとして有名でしたから、子供のころから親近感を持っていました。

─── 現在ご使用のミーレ製品を教えてください。

東京ではオーブン、洗濯機、乾燥機を使用しています。また、鹿児島ではオーブン、洗濯機、食洗機を使用しています。

─── ミーレ製品を長年ご愛用いただき、ありがとうございます。ミーレ製品の良さや魅力はどのようなものでしょうか。

埋め込み (ビルトイン) 式なので、キッチンがすっきり見えます。そして、とにかく丈夫で長持ち。
また、自分で温度管理などができ、勝手に消えない(日本のオーブンは安全装置が多いのかもしれないが、勝手に消えるなど使いにくい) のがいいです。

─── お使いのミーレ電気オーブンで、特に気に入っている点や機能がありましたら教えてください。

さっきと一緒ですが、温度管理、火がコンベクションなのか、上からなのか下からなのかなど、すべて自分で管理出来るのが好きです。

─── ミーレ ビルトインオーブンを使うメリットや楽しみ方について、アドバイスをお願いします。

自分がどんな風に料理をしたいのか、自分でイメージして使うといいです。例えば、
「表面を焼いて、中に火を通して、保温する」
みたいなことなら、最初は強火/上火、中火で火を通し、低温で保存、というように、自分のイメージにあわせて料理することができます。お菓子に関してもいっしょ。
どんなオーブンもそうですが、癖があったりするので自分のオーブンを知ることが大事です。
ミーレは日本のメーカーの (電気)オーブンに比べると温度が強い (正確) なので、日本のレシピを使うなら温度は低めに設定するといいです。時間も短めに。料理は素材、材料などによって出来上がりが違うので、自分の経験を積んで、料理をよくみて、自分で調節しながら料理をすると楽しいです。
自分のイメージにあった料理ができますよ!