余熱利用

熱とエネルギーを節約
フードプローブを使用する場合や調理時間をプログラムする場合、エネルギー効率がさらに向上します。この場合、オーブンのスイッチが早めに切れ、余熱を使って残りの調理プロセスが実行されます。全体的な仕上がりが損なわれることはありません。
※画像は一部日本仕様と異なる場合があります。